就職のミスマッチで一生苦しむ、正しい会社選びとは

 

二十歳の社会人1年目ですが退職しようと思っています。

専門学校中退した後 、会社に

入社したんですが社風が合わず、2年目のことを

考えると苦痛で仕方がありません。

 

資格取得のため大学進学をした方がいいのか

この会社を続けた方がいいのか

わからなくなってきました。

参考元https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13191271833?__ysp=5bCx6IG3ICAg5Yq05YON55Kw5aKD

 

就職のミスマッチを防ぐことを意識しよう

 

今の日本では労働市場の大きな変化によって

多くの企業で人手不足なんです。

 

そして人手が足りない企業は必死になって人を集めようとします。

そうすると何が起こるのか?

 

それが企業と求職者の間で起こるミスマッチ問題なんです。

 

人を集めたいなら給料高くしたり、待遇を良くして募集をしますが必ずしもそうするわけじゃないんです

悪質なところは求人票や面接では体のいいこと言っておいて実際に働いてみたら

求人票に書いてあった条件と違うといった問題が起こるんです。

 

しかもこれって解決するのがなかなか難しい問題で雇用契約書ならともかく求人票と実際の内容が

違っていても法的に処罰されることはありません。職場の人間関係が悪かったとしてもそうですよね罰則はありません

 

仮に企業側に悪意がなかったとしても社風を求職者に正確に伝えるのは困難ですからね

 

だけどそれを知らずに就職してしまうとストレスになって耐えられず、ミスマッチが原因で退職。

ってことになってしまうんすが。

 

 

なので職場の人間関係者や労働環境が合わずにやめて転職しようとするとまた同じ失敗を繰り返す危険性があるんです。

 

なので頭を使って対策を立てていかなくてはなりません。

そこで私がすすめたいは内部の情報について詳しい人から話を聞いてそれから就職するってやり方ですね

 

人間関係が最悪だとか残業ばっかりだとかワンマン経営で振り回されてばっかりだとか

入社する前に予め知っていれば絶対入社しないはずです。

 

要するにあらかじめ安全が確保できていればそこで働きたいと思いますよね。

 

なのでその会社の内情に詳しい人に聞くべきですね

じゃあそういう人に 会ってどうやって話を聞けばいいのかですが

 

就職エージェントで聞くのが一番現実的です。

 

特に DYM 就職がいいです DYM 就職が持っている案件の企業の経営者や採用担当の人とは非常に

コミュニケーションが取れていて社長と直接交渉することで書類選考なしでいきなり面接に行けるくらいです。なので

その会社の詳しい内容を知っているんですね。実際の労働環境はもちろん社風や人間関係ついて聞けば

答えてくれますし知らなかったとしてもすぐにその会社の内部と連絡を取って聞き出すことができるんです。

 

こういうことができるのは就職エージェントの中でも DYM 就職だけなんですよ

スマッチのない転職をするならDYM就職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です