リクナビNEXTで営業職に応募しても落ちる理由

 

私は営業の仕事をやりたいと思っているんですが志望動機になんて書いたらいいのかが分かりません教えてくださいお願いします。

参考元https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11113334241?__ysp=5Za25qWt44KS44KE44KK44Gf44GE

内定をもらうために必要なプロセスのひとつに志望動機を嗅いだり職務経歴書を書くなどの書類を作らなきゃならないんですよね これって案外悩みますよね

というのも本当に思ってる通りストレートにただお金が欲しい家から近いから

とか書くわけには行かないですし 就職や転職の際に面接官に受けるような書き方がわからないんですね


志望動機は就職する時はもちろんアルバイトの時も履歴書に書くかどうかは別として面接でほぼ確実に聞かれることの一つですよね 下手したらこれひとつで採用されるかされないから大きく左右されるのでとても重要なことなんですよね

 

面接官志望動機から自社での適性があるか熱意を十分足りているかなど様々なことを判断してるんですねしかも志望動機と言ってもストレートにスマホ同期は何ですか聞かれることはもちろん多いですが言い方を変えて何回も志望動機を面接中に訪ねてきます

 

例えば入社した際には弊社でどんなことをやりたいか

将来はどんな風になっているかうちの商品サービスを利用したことがあるか他にはどんな企業を検討しているか窓朝の会社やその業界にどれだけ興味があるかいや長期間携わっていくのかなどを見ています


正社員アルバイトに限らず必ず聞かれる志望動機ですが

 

特に就職する妻の志望動機は慎重に考える必要があります

 

アルバイトならばいっちゃらんですかありきたりなものでも結構採用されるですよね私も経験がありますか家から近いからとかちょっと興味があったんだよねみたいな軽い志望動機でも普通に受かりますがさすがに就職や転職先にこんなノリで志望動機を言ったらそんなノリで志望動機を聞かれて答えたらなめてるのかとやる気あるのかと思われてしまいますよね

 

そしてそんなことは言われなくても就職したことがない学生であっても分かっているんですがじゃあ実際に就活に適した志望動機の具体的な表現てはじめは全然わからないでしょうね じゃあどうするかって言うと大抵の人はネットや本で志望動機のサンプルを見て見よう見まねで書くんですね

 

でも後輩がとってもまずいんですよというのも相手も人を見るプロですからあーそういうところからほとんどパクった志望動機だってのが見抜かれてしまいます

 

そう判断されてしまうともう何を言っても死亡者の本心 ではないと思われちゃうし 相手に響かないんですよね そしてあんまり家で熱心に働く気ないんだなって思われたら後は不採用にされてしまいますね



とはいっても 求職者側からしたら自分なりに参考書をを買ったり調べたりして就職向けに志望動機を考えたのに そう思われちゃったらやるせないですよね

 

じゃあ結局どうすればいいのかてことですが そういう時に力になるのが

就職支援サービスの DYM 就職です

 

就職支援サービスっていうのは担当の人がついてくれて就活や転職に必要なことをすべてサポートしてくれるサービスなんです

 

風呂は自己分析いや企業分析 あもちろん面接で印象の良い志望動機が書き方なんかも丁寧にプロのエージェントが教わることができるんです 面接の受け答え練習

もうできるんですねしかもこれらのサービスすべてが求職者は無料で利用できるので利用しない手はないですね特に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です