転職したら募集要項が全然違った

 

転職してから一年になりますか募集要項と条件が違った待遇

、仕事内容に疲れてしまいました。

 

記載されていた募集要項

 

  1. 年俸360万円以上
  2. 携帯電話代支給
  3. 年間110日休日
  4. 妊娠しても仕事を続けられる

 

こう記載されていたなので働くことに決めました。

 

だけど実際に働いてみた給与や待遇が違っていました。

 

  1. 手取りは15万円ほどで代わりにボーナスが多いのかと思っていたらたった一か月文ほどでしたし1年経っても昇給額は2000円条件の金額に全然足りていません
  2. 携帯電話代支給が支給されると私が働いている職種で書かれて いたんですが実際は外回りの営業の人のみに電話代が支給され私には支給されませんでした。
  3. 年間休日が110日ということでしたがそのうちの10日間は休日出勤を命じられ働かされますしかもその日はタイムカードが打てません市休日出勤手当その日の残業代も一切支給されません
  4.  私が今やっている仕事は私と先輩の二人でやっていて 妊娠などで長期的に休むことはできません そうなると仕事を辞めることになってしまいます

 

 

私はデザイナーとして入社したのですがやりたいことができていませんし振られた仕事に手一杯でそんな余裕もありません。

ただ言われたことをこなしている事務員になってしまっています。

 

ストレスで体調不良にもなっています もう仕事を辞めたいです

しかし転職するにしても面接の際などにまたすぐ辞めるのではと思われるのが嫌です。

私はどうすればよろしいでしょうか?

 

参考元https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387045158?__ysp=6Lui6IG3IOWLn%2BmbhiDopoHpoIU%3D

 

 

募集要項で嘘をつく会社に転職してしまったのか

 

この質問者さんのように求人の募集要項鵜呑みにしてしまったのが大きな原因です就職や転職経験の少ない人はまさか求人で嘘をつかれるとは思わないですよね。

 

それもそうです求職者から見れば働くことは人生を極めるターニングポイントを一つですし不特定多数の

多くの人が見る求人票にまさか堂々と嘘が書かれているとは考えもしなかったでしょうしかし 求人票や

面接の際にも嘘をつくことは昔からあります。

 

内容は様々で給与から残業の有無、休日日数、離職率、職種内容、会社の雰囲気までいろんなことを

偽りますだけど最初は思うんですよねそんな嘘をついたら何かしらの犯罪になるんじゃないのかつ

確かに職業安定法でそういった虚偽の記載することを禁ずる法律はありそれを貸した場合は

6ヶ月以内の懲役家30万円以下の罰金が科されるとありますが実際にこれが適用されたことはないんですね。

 

求人に騙されないためにどおすればよいか

 

求人に騙されないためには事前に情報を収集することが大切です。

方法としてはネットで検索して口コミサイトを見てみたり OB OG 訪問でも情報を得ることができます。

口コミサイトで言えばキャリコネや転職会議なんかのサイトが有名です。

ネットの情報なので必ず正しいというわけではないですが複数のサイトを使って調べてみる

ことで信憑性を高めることができます。そういった工夫をすることで

会社を見極めていくことだできます。

 

 

DYM就職

 

また心配なら転職エージェントにも聞いてみる のも一つの方法ですね。

マンツーマンでサポートしてくれるプロのエージェントならばどんな質問でも的確に答えてくれますし、

就職する前まもちろん実際に働いた後もサポートはしてくれるので とても心強いですね。

 

それ以外にも 希望企業の相談面接の指導なども全てのサービスが無料で受けられますし

DYM就職を通せば書類選考もなしでいきなり面接に進めるのがいいですよね

一人で転職活動いや就職活動するのが不安ならこういった転職支援サービスを利用してみるがいいですね

 

ミスマッチのない転職をするならDYM就職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です