ずっとフリーターをやっていてもスムーズに就職できる

 

 

 

28歳フリーターで、そろそろ就職がしたいんですがどうすればいいんでしょうか

 

私は23歳で大学を卒業しています大学を卒業するまでに5年間かかったんですがそうなった理由は人に騙されて音楽に専念するように言われたので休学したというのがありますしかし結局は趣味でやっていこうと決心しました

 

大学時代から10年接客のアルバイトを続けていますがこれは職歴が扱いされるんでしょうか

 

またそこでそこで新年教育などもやっていますので信頼はされてると自覚しています免許や資格などは現在持ってないですが活かせるような業種などはありますでしょうか

 

あまり希望はありませんが音楽関係だとせみも行かせかなと東京都内で働きたいと思っていて音楽のための時間も欲しいので正直あまり残業はできません

 

引用、参考元

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11100545456?__ysp=6ZW35bm044OV44Oq44O844K%2F44O8IOWwseiBtw%3D%3D

 

要するに正社員として働いたわけではなくずっとフリーターをしていたけど就職したいといった内容ですね

生活が不安というフリーター欠点

 

給与が低く上がりにくい

 

まず正社員との大きな違いは給与の低さですね フリーターの年収はおおよそ200万円程度なのに対し 正社員の年収は270万から800万円です これは職業や年齢によって大きく変わってくるので一概には言えませんが少なくとも二十歳でも 270万円ほどは得ることができます

 

しかしフリーターだと年齢が30代40代になっても収入が変わることはほとんどありませんなので年齢が上がるごとに差が開いてきますボーナスも出ず給与がほとんど上がらないなので給与を多く欲しいならばすぐにでも正社員になる必要がありますね

安定感がない

 

現在は正社員であっても決して安定とはいえないですがフリーターはもっと不安定です正社員が病気にになり数ヶ月休んだとしても簡単にはクビにできずちょっとやそっとの失態でも基本には解雇されることはありませんなぜなら労働基準法で守られているからなんですね

 

しかしフリーターは少し違いますフリーターは契約が一定期間で更新されるためその都度来られるかどうかの雇い主が判断します 使えないと判断されたり数ヶ月の入院などしたら簡単に切られてしまいますそういった危うさがありますね

 

なので毎月必ず給与が振り込まれるといった安定した生活を目指している人にはフリーターを向いてないですね若いうちは体力もあって病気とは無縁かもしれませんが年をとると体にあまり無茶もできませんからねそういったリスクヘッジも込めて若いうちに対策を立てる必要がありますね

 

福利厚生が貧弱

 

特に年金には下がりますね 正社員だとほぼ全ての人がその会社の社会保険に加入することになりますがその保険料は会社と本人で折半することになるので負担が多少が減るんですねしかしフリーターの場合国民年金家国民保険に加入することになりますこれは社会保険と違って自分で全額を支払うすることになるので

 

経済的負担が増してしまいますね また将来もらえる年金額も正社員と比べると少ないのでよりふりに佐賀を聴くなるばかりです

 

やはり正社員と比べると経済的な面で大きく劣ることばかりですねただでさえ収入は少ないのに毎月高額な年金や保険料で負担することでより一層生活は苦しくなることばかりですね

 

 

このような理由からやはりフリーターを辞めて正社員になるため就職するという決断をするのは自然ですね

 

ハローワークのメリットとデメリット

 

就職しようとしたらハローワークを利用しようと考える人も多いです

 

ハローワークというのは国が運営している職業紹介所ですがメリットとデメリットがあるので紹介します

 

就職サポートしてくれる

 

ハローワークでは職員が就職されたために必要なことのサポートをしてくれます個別相談、適職診断、履歴書作成、指導、模擬面接など

 

就職の仕方がわからないどう準備をしていいかわからないという方 安心して就職活動ができるようになってますねその他にも

就職に必要な職業訓練や資格の取得に関する情報も多く提供されていますね

 

これらのサービスを無料で受けることができるというのがも特徴の一つですね

 

求人が多い

 

ハローワークは求職者が無料で利用することができますがそれは人材を求める企業も同じでハローワークに

対して人材募集を無料で行うことができるんですねなので有料の職業紹介所よりも求人数が非常に多いです

 

特に地元企業のものが多いですね なので自宅近くを希望していたり出来る限り通勤時間を短くしたいと

考えているならば希望している職場か見つかる可能性が高いです

 

より多くの職業や会社から仕事を選びたいと思っているならより有効に活用できますね

 

デメリット

 

ハローワークの求人にはハズレが割とある

 

先ほどの質問者 の方も言っていましたがハローワークにはいわゆるハズレがあります要するにブラック企業のことですね

 

2つ多くの求人サイトなどは企業から広告費を一定期間でに対して支払われたり採用が決まるたびに報酬を

受け取っていたりしますがハローワークはそうではありませんなんせ求人も企業も無料で利用できますなので

 

ブラック企業は好んでハローワークから人材を集めて上がりますね

 

ブラック企業は違法なことをしてまでも人件費や設備費いろんなところの支出を抑えようとします法に触れたりモラルに反することで

あってもおかまいなしです。

 

またそれに対しホワイト企業はコンプライアンスもしっかり守っていて、経営戦略しっかりしていますなのでたとえお金を払ってでも

より良い求人所求人サイトなどを利用したがる傾向にあるんですね

 

もちろんこれらはすべてが絶対というわけではないですが口コミを調べてみてもわかるとおりそういった傾向にはありますね

 

とはいっても求人サイトというのは企業に対しては有料であっても求職者は無料で できるのでそこは心配を

する必要はありませんがハローワークの求人サイト求職者からしてみれば両方無料で使えるのでそれだったら

 

できるだけホワイト企業が多いところから仕事を選んだ方がより良いところにつける可能性は高くなりますね

 

職員の対応が冷淡

 

事前にハローワークに行ってみたら職員の対応が事務的だったり冷淡だった という声がありますね

 

それもそのはずハローワークの職員の多くは非常勤で給与も低く賞与は無しいくら求職者を職に就かせても報酬は発生しません なので淡々と仕事をしている人が多く 熱心な印象はあまり受けないでしょうね

 

それに対し企業が運営している職業案内所いや求人サイトからの募集の場合求職者にお職に就かせることに成功すると担当したエージェントが報酬をもらえたり実績がついたりするので車内でより優遇されますなので熱心にサポート してくれる人は多いですね

 

求職者とエージェントがの利害が互いに一致しているわけですからこれほど信頼できることはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です